天ぷらとそば 楽山@茅ヶ崎

***ご覧いただきありがとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。***

12/24(土)のお昼は11月にオープンした「天ぷらとそば楽山(らくさん)」さんへ。茅ヶ崎駅北口から徒歩2〜3分、ラーメン小路のつきあたりにあります。建築の最終段階くらいでたまたま二人で通りかかり、飲食店らしい素敵な外観に「何のお店だろうね?」と楽しみにしていたところ、好物の天ぷらと日本蕎麦のお店でした。


テーブル席は8人分、カウンターは5席のこじんまりとしたお洒落なお店です。カウンターの壁に見えているつぶつぶは蕎麦の実なんだとか。まずは瓶ビール(税別680円)で乾杯。

鴨ロースのネギ焼き(1,380円)。鴨は合鴨ではなく青森県で養殖されている本鴨(という言い方があるのですね)だそうで、合鴨より脂の部分が少なめで、とても上品な味わいです。右上は半分くらい食べてしまった状態ですが、突き出しの揚げたお蕎麦(二人前で600円)。

瓶ビールを二本飲んだあとは、私は蕎麦焼酎の蕎麦湯割り(480円)にしました。

お蕎麦屋さんに来るとがぜん日本酒が飲みたくなるしんは、まずは司牡丹の船中八策(一合、850円)を冷酒で。天ぷらをつまみながら鳥海山(850円)も一合。

私はあなご天もりそば(1,880円)、しんはせいろのおそば(900円)に天ぷらを単品でお願いすることにして、まずはおすすめとなっていた栗の天ぷら(360円)。ホクホクでお芋みたいでした。

単品のイカ(520円)と、あなご天盛りに含まれるインゲンとヤングコーン。写真をとり忘れましたが、椎茸もありました。二人で食べられるようにセットの天ぷらも単品もカットできるものは二つに切って出してくれる気遣いが嬉しい。

シメのお蕎麦。風味が高くてとても美味しいお蕎麦でした。

鎌倉の日本蕎麦屋「千花庵」さんで修行された方と、これも鎌倉の人気ラーメン店「袈裟丸」さんをやっておられた方、料理人お二人で始めたお店だそうです。お料理も美味しくお店も料理人さんの感じも良いのですが、サービス担当の人がおらず給仕や会計のたびに料理人の手がとられるのと、この日はカウンターにお店の人にかまってもらいたいタイプのひとり飲み客がおられ、その対応でほぼつねにどちらかの料理人が占有される状態で、したがって料理の提供にはかなり時間がかかっていました。後者はイレギュラー要素だとは思いますが、大変失礼ながら料理人お二人の連携も洗練途上という感じで、時間にじゅうぶん余裕がある時向きのお店という印象でした。お会計は10,411円なり、クレジットカードで支払いました。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*