のんち(中華料理)@茅ヶ崎

12/15(土)のランチは、北茅ヶ崎駅すぐそばの中華料理店「のんち」さんへ。お店に到着した13時頃店内は満席、待ち行列の先頭で5分ほど待って入店できました。すごく寒い日でしたが私たちの場合は何はともあれ瓶ビール(税込み、600円)で乾杯。

私はこの日は麻婆豆腐定食(小ライス、800円)にしました。お豆腐のサイズが不揃いで、豚肉が挽き肉ではなく細切れ肉なのが珍しいですね。系列店である茅ヶ崎駅北口すぐの横濱飯店さんの麻婆豆腐と似ていましたが、のんちさんのほうがピリ辛具合がやや強めです。とは言え辛いお料理がさほど得意でもない私でも「ピリ辛」の範疇におさまる辛さ。その辛さも唐辛子の辛さで、山椒系のしびれるピリピリ感はほとんどない味付けですが、これはこれで美味しいです。私の知人に唐辛子系の辛さは非常識の変態レベルまで辛くても平気だけど、山椒系はうな重にパラッとくらいでも苦手なんだよねという人が居ましたが、山椒系の辛さが苦手な人に向いている麻婆豆腐だと思います。

焼き餃子(500円)↓。ラーメン屋さんの餃子はラーメンのサイドメニューという感じの、薄いパリパリの皮で一口サイズのところが多いですが、のんちさんのは中華料理店らしいもちもちの厚い皮で食べ応えがある大きめサイズ。あんはお肉と野菜が半々くらいでしょうか。しんはこのお店の餃子が一番美味しいと言います。

しんは横濱飯店系列のお店ではこればかり、肉そば(800円)↓。あんかけとじのこのお料理を食べる時の注意点は「口内火傷」ですが、特にカットが大きめで肉厚の立派なキクラゲは要注意です。このお料理が看板メニューのお店ですが、客層が男性客多めの本家横濱飯店さんに比べると、ファミリー客や女性客も多いのんちさんは、横濱飯店さんよりも油少なめ、塩分控えめな印象。食べやすくて私はのんちさんの肉そばのほうが好きです。

瓶ビールは二本飲んで、お会計は3,300円なり。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*