美酒美彩 厚田村@茅ヶ崎

10/19(金)仕事帰りのしんと待ちあわせて、以前から行ってみたかった「厚田村」さんへ。茅ヶ崎駅南口、線路沿いに一方通行になっている通りを辻堂方面へ2〜3分、渋い雰囲気のお店です。

しんの時間が読めず直前の予約となりましたが、私たちのすぐ後に飛び込みで来た人は断られていたので、タッチの差で席を確保できたようでした。良かった良かったと生ビールで乾杯。ジョッキは500円(税別)、手前のグラスは300円。

突き出しは、お魚(何の魚かはわからず^^;)と貝のヒモなどを佃煮風に甘辛く煮たもの。メニューにはたくさんのお刺身やお寿司のラインナップもあるので、柵に切って余った部分とかでしょうか。

カワハギのお刺身は、肝和えの状態でポン酢で味付けされて出てきました。濃厚で美味しい。本日のお浸し(400円)はこの日は春菊で、これまたお酒がすすむホロ苦い味です。

二杯目、私は白州森香るハイボール(650円)、しんは生ビールをお替わり。

お漬物盛り合わせ(500円)。こちらのお店は茄子、カブ(だと思いますが、大根かも^^;)、山ごぼう、茶色いのは意外な切り干し大根というラインナップ。

どんどんすすんで三杯目、私は白ワイン(グラス売り、600円)、しんは山崎ハイボール(650円)。

四万十竹煮(600円)。しまんとたけに、とメニューにふりがながふってあり、とても美味しかったですが四万十というからには高知県のものだろうけど高知県出身のしんも「しまんとたけって知らなかった」というので、帰宅後ググった結果。秋に出回る細いタケノコに四方竹(しほうちく)というのがあって高知県はその産地だそうです。漢字が似ててややこしいですが、越前ガニとズワイガニみたいな関係でしょうかね(^^;)

シメは松茸土瓶蒸し(1000円)ああ美味しかった。良いお店を見つけました。最後に日本酒を一合、二人で飲んだのですが、酔っていて銘柄も写真も値段も失念しました(^^;)。

カワハギのお刺身の値段も、写真メモに残したはずが残っておらずで、内訳は不確かですが、お会計は9,018円なり、クレジットカードで支払いました。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*