牛たん藤次郎@茅ヶ崎

9/29(土)どうしてももつ鍋が食べたくなって、牛たん藤次郎さんで夕ご飯。茅ヶ崎駅南口を出てすぐの、牛丼の吉野家や長谷川書店などが入っているビルの南端にあります。私たちも16時半頃の入店でしたが、休日の早め飲みには嬉しい16時開店です。

ビール離れが著しい最近失われつつある光景らしいですが、何はともあれ生ビール(税別500円)で乾杯。とりあえずのおつまみは冷や奴(380円)にしました。

牛たん焼き(小、1,250円)厚めにスライスされていますが、柔らかくてとても美味しいです。添えてあるお漬物も、高菜と唐辛子ですが良いアクセントになります。

2杯目は二人ともへべすホッピー(白、600円)にしました。へべすのスライスとともに、グラスに半分くらい入っている焼酎(通称ホッピー中)を、茶色い瓶のノンアルコール炭酸(ホッピー外)で割りながら飲むスタイルのお酒で、私はお替わりなしでしたが、しんはホッピー中(280円)だけを二回お替わり。ホッピー外のお替わりももちろん可能で、自分の好きな濃度に設定できる優れものアルコールドリンクです。かつてはセンベロの代表みたいなお酒でしたが、低カロリー低糖質プリン体ゼロとあって、昨今の健康ブームで見直されているんだとか。。。

お待ちかねのもつ鍋、過去三回がお店のおすすめの塩味だったので、この日はしょうゆ味にしてみました(二人前から、1980円)。もつが透明になったら食べ頃ですよ〜と店員さん。フライングでその前からもつから遠い野菜に箸を伸ばす私たち。しょうゆ味もすごく美味しいです。

あっと言う間に完食し、牛もつ(650円)と野菜セット(550円)を一人前ずつ追加。お鍋はたいていそうですが、私にとって野菜を一番たくさん食べられるお料理はもつ鍋です。

写真を撮り忘れましたが、3杯目は二人ともへべすハイボール(500円)にして、シメにちゃんぽん麺(350円)をいただきました。どちらかにしろ!と言われたらもつ鍋そのものは、お店おすすめの塩味のほうが好み。というのはお醤油は煮詰まるとクドくなる感じがしたのですが、麺にはそのほうが合っていてシメの麺はしょうゆ味のほうが美味しかったです。もちろん好みの問題です。こちらのお店はクレジットカードで支払えます。お会計は9,633円なり、ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*