Acqua Speranza(イタリア料理)@茅ヶ崎

8/25(土)しんが以前から気になっていたという「アクア・スペランツァ」さんでランチ。茅ヶ崎駅南口から徒歩2〜3分、時々お邪魔する「ワインとご飯iwasaki」さんと同じ路地にあり、私も以前から存在は知っていましたが、満席でご縁がないこと何年かかけての複数回、今回はしんが電話予約を入れて初入店が叶いました。テーブル席のみで二十席分くらい?のこじんまりと落ち着いた店内は、12時の入店時でぱらりと満席。二人で四人掛け席を占めている方もおられ、キッチキチに詰めて回転させる営業方針ではないみたいでした。恐らくご夫婦だろうと思いますが、料理人の男性と、サービス担当の女性のお二人で切り盛りされていました。

まずはビール(税込500円)と白ワイン(750円)で乾杯。こちらのお店は国産のワインに拘っておられるみたいで、ボトルを見せながら説明していただいた白は山梨の「グリド甲州」というワインでした。キリッとして飲みやすく、とても美味しいです。

この日のランチメニューのパスタと、サラダに使われている野菜を看板に書き出してくれています。サラダ食材は、聞いたことのない名前もあるけれど、ええっ19種類!すごい。トレビスって何なんだろう・・・・と帰宅後調べたら、紫キャベツのことでした。

まずはフォカッチャとサラダが運ばれて来ます。上にかかっている黄色いものはチーズかな?と思ったら「蒸かして削ったサツマイモです」とのことで、サツマイモは栄養学的には野菜ではなく、血糖値とかの関係で現在は目の敵(^^;)にされる穀類になりますが、あらっ20品目サラダではないですか。フォカッチャもモチモチで美味しい!このフォカッチャはあらかじめ予約しておけば持ち帰りができるそうで(600円)次は絶対に持ち帰りもしようと思いました。糖尿病のしんも我を忘れてみつばの分まで食い込む(^^;)危険な美味しさでした。

しんのパスタはカラスミと万願寺唐辛子のペペロンチーノ。辛いもの好きのしんは激辛でも良かったんだけど、注文のとき「唐辛子という名前ですがシシトウみたいで辛くないですよ」と親切にメニューを説明してくれました。塩味もほどよくて美味しいと大喜びのしん。

しんの二杯目は白ワイン、私は赤ワインをお願いすると、今度は山形の朝日町ワイン(750円)でした。コクがあるけど渋過ぎなくて、大好きなタイプの赤ワインでした。

私のパスタはリコッタチーズと焼き茄子のトマトソースにしました。こちらもすごく美味しいです。ワインをちびちび飲みながら、しみじみ、ゆっくりといただきました。

こちらのお店のランチ(1600円)はデザートと飲み物(コーヒーか紅茶を選べます、写真失念)が付きます。デザートも美味しかったですが、酔いが回ってお料理の詳細失念(^^;)すみません。近くに「ワインとご飯IWASAKI」さん、「ラサーラヤギ」さんという美味しいイタリア料理店があって、鎬を削ると言っていい位置関係ですが、他の二店はランチ料金内にはデザートは含まれず、それぞれのお店で前菜(サラダ含む)やメインの内容も個性があります。お酒に弱くなって夜の本気飲みがしんどくなり、ちょい飲みのお昼利用がメインになった私たちですが、その時のお腹具合や気分でボリュームをお店を選べるわけで、若くはないイタリア料理好きには、贅沢な界隈だと幸せな気分にさせていただきました。

お会計は5,950円なり。こちらのお店は現金支払いのみです。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*