牛たん藤次郎@茅ヶ崎

3/13(火)出張帰りのしんと待ちあわせて南口の「牛たん藤次郎(とうじろう)」さんで晩ご飯。南口すぐの、お弁当の濱田屋さんや吉野家が入っているビルを、長谷川書店や美容院の方向に回り込んだ奥にあるお店。こんなところにも店舗スペースがあったんですね。今月オープンだそうで、入口は華やかなお花でいっぱいでした。


私たちが入店した18時15分頃でテーブル席は予約で埋まっているようでした。食べログによると全24席だそうで、うち6席のカウンターの一番奥に座りましたが、奥のふた席だけ背後に壁がありちょっと狭め。壁にコートや手荷物を掛けられたり、ボックス席みたいで落ち着く反面、奥から三席めに人が座ると、出入りの際に少しズレていただく必要があります。まずは生ビール(税込500円)で出張お疲れ様の乾杯。こちらは仙台名物の牛たんが味わえるお店とのことで、牛たん焼き(1,250円のほう。大サイズ1,850円もありました)を注文。私は牛たんと聞くと、焼き肉屋さんの薄切りのものを思い浮かべますが、仙台の牛たんは厚切りなんだそうですね。厚いわりにとても柔らかくて美味しかったです。

メニューにはもつ鍋や会津の馬刺しなるお料理もあり、反面お魚系の料理は見当たらず、肉料理に特化した居酒屋みたいですね。しんは前日から福岡に出張していて、夜の会食でもつ鍋は食べたんだけどと言うけれど、他に野菜が食べられそうなお料理もなさそうだったのでもつ鍋を注文↓。写真は二人前で1,980円。醤油味と塩味が選べます。しんが前夜食べたのは味噌味だったそうで、どちらでも良かったのですが、お店おすすめの塩味でお願いしました。

塩味のスープでもつの甘さが引き立って美味しかったです。鍋物は野菜がたくさん食べられて健康的ですが、野菜が食べられることにかけてはもつ鍋が一番なんじゃないかと、私は密かに思っています。キクラゲが入っているもつ鍋は初めてでしたが、合う!他のキノコとちがって水っぽくならないのがいいのかも。前夜本場で食べたものより、こっちのほうが美味しいとしんも喜んでいました。バクバク軽く食べ尽くして、牛もつ(650円)と野菜セット(450円)を追加しました↓。

食べかけのお皿やお手拭きが映り込んだ写真ばかりだったので省略(^^;)しますが、お酒の追加は、しんがハイボール(500円)と芋焼酎の水割り(500円)、赤ワイン(500円)、私は白ワイン(500円)一杯と赤ワイン二杯。写真を撮り忘れたシメのちゃんぽん麺(350円)は、もちもちの中華麺で美味しかったです。私が昔よく行ったもつ鍋屋さんでは、シメの麺類はうどん・ラーメン・ちゃんぽんの三種類あって、うどんとラーメンを半分ずつ一緒にしたのがちゃんぽんで、美味しくてお気に入りでしたが、他のお店では見ないのでそのお店だけの流儀だったんでしょうね。ともあれ、もつ鍋大好きなので、茅ヶ崎にも美味しいお店ができて嬉しいです。鍋の追加メニューにお豆腐があると言うことないんだけどな。お会計は8,680円、クレジットカードで支払いました。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*