珈琲豆の樹@小田原

2/12(月、建国記念日の振替休日)昼ご飯のあと、素敵な喫茶店を見つけて入ってみました。向かいの牛丼屋さんがガラスに映り込んでしまっていますが(^^;)昭和っぽい雰囲気が懐かしい「珈琲 豆の樹」さんです。


昭和の喫茶店は全席に灰皿が当たり前でしたし、喫煙者には厳しいこの時代、喫茶店や酒場は喫煙可のほうが来客数が増えると聞きますが、こちらのお店は禁煙です。入ってすぐが喫茶利用の人の席、奥はレストラン席と区分けしてあるようでした。食後の私たちは店内手前の喫茶スペースへ。茶色いコーヒーシュガー(久しぶりに見ました)と綺麗な銀器に入ったグラニュー糖がコンビで並んでいて、そうそう、昔はこうだったなあとますます懐かしい気分に。

二人ともブレンドコーヒーとケーキのセット(税込み850円)を注文。ほどなくコーヒーカップ(とクリーム)が運ばれてきて、サイフォンにコーヒーが入ったら、淹れたてを注いでくれるシステムでした。カップがイブサンローランなのも昭和っぽい(^^;)かつてはどういうわけだったのか、食器やタオルなどの生活密着アイテムに、一流服飾ブランドのロゴを入れた商品がちまたに溢れていたものです。私の実家のポットは森英恵さんの蝶々柄でした。

ケーキはチョコレートケーキといちごのケーキにしました。他にレアチーズケーキとかぼちゃのプディングもありました。いちごのケーキは、いちごジャムが使われたこれまた久しぶりに見たタイプ。懐かしい美味しさでした。ほろ苦いチョコレートケーキも美味。おすすめはコーヒーぜんざいとのことで次はそれを食べてみたいし、レンストラン利用もしてみたい良い感じのお店でした。

禁煙効果なのか赤ちゃんをだっこ紐で胸に抱えたお母さんや、小さな子供さん連れのご夫婦ものんびりとコーヒーを楽しまれていました。お会計は1,700円なり、確認はしませんでしたがたぶん現金払いのみだと思われます、ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*