葉椰子(洋食)@小田原

12/24(日)湯河原の温泉施設に行く途中、小田原で下車してランチ。以前「鶏の三平」さんにお邪魔する途中に、看板に目をつけていた洋食の「葉椰子」さんにうかがいました。クリスマスだからカタカナのお料理が食べたいし(単純)。小田原駅からは徒歩3〜4分のところです。

到着したのは11時25分くらいでしたが、すでにひと組三人の先客が。シメシメ人気店なのね・・・・と内心で思いながら後ろに並ぶと「初めて来たのですが、ココ美味しいですか?」と聞かれ「すみません、私たちも初めてなんです〜」「えー?そうなんですね、美味しいといいですね」なんて話しているうちに開店時刻になったのですが、開かない(^^;)店内に灯りが付いているので臨時休業はないよね、などとふた組五人で分析していると、コックコートの男性がおもむろに中からあらわれて、10分遅れくらいで開店しました。

ランチメニュー↓、おかず系メニューにはご飯が、パスタにはパンがつきますが、サラダやソフトドリンクなどは欲しい人だけプラスしていくシステムでした。土日祝限定メニューとなっているので、平日は少し安いのかもしれませんね。ドリンクメニューがなかなかの充実ぶり。

まずは生ビールで乾杯。血糖値を上げない食べ方「ベジファースト」を実行するために、サラダとソフトドリンクが付くAセットを注文しました。徹底するなら、サラダのあとでビールを持って来て下さい、とお願いすべきでしょうけれど、毎回忘れる(-_-)

私が注文したデミグラスソースのハンバーグ(1250円)↓。目玉焼きに隠れてよく見えませんが、ハンバーグは俵型のものが二切れ。しんとシェアし合って食べましたが、けっこうなボリュームがありました。付け合わせは、トマト、ポテトサラダ、スペインオムレツと、意外な里芋の煮物というお芋づくし。デミグラスソースも含めて、どれも味付けが塩っぱくなくて私はすごく好みでした。

しんはとろとろチーズのオムライス(1080円)↓。オムレツの中身はチーズリゾットのようなご飯で、デミグラスソースがかかっています。私が想像していた、ケチャップ味のチキンライスで作ったオムライスに、溶けるチーズをかけて焼いたドリアのようなお料理ではありませんでしたが、すごく美味しいです。チーズがそれほど好きではないしんも気に入った様子。

セットのデザートはレアチーズケーキだと聞いて、私だけBセットに変更。添えられた果物は洋梨でした。ケーキも手作りかな?とても美味しかったです。一人前なのに、デザートフォークを二本添えてくれるのが嬉しい。

元々洋食が大好きですが、行列仲間の先客さんたちが召し上がっていた特製ナポリタンも「すごーく美味しいですよ!」とのことで、次はアレにしよう(^^;)小田原に是非また訪れたいお店ができました。お会計は3,630円なり、支払いは現金のみだそうです。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*