ステーキハウス響@小田原

11/25(土)ここのところの寒さで温泉が恋しくなり、湯河原の日帰り温泉施設に行くことに。その前に小田原で下車してお昼ご飯、最初はしんの希望で写真左側のお寿司屋さんを目指したのですが満席で、隣のステーキハウス響(ひびき)さんをのぞいたら、空席があったのでお肉に鞍替えしました。

このブログの開設前にランチで一度、ディナーは予約して一度お邪魔したことがあるお店ですが、最初のランチの時は40〜50分待ちましたし、行列を見て諦めたことも何度かあり、とても人気のあるお店のようです。ランチメニューはこんな感じ↓で、店員さんによると、2300円のスペシャルランチとお肉のグラム数が選べるサービスランチはオージービーフで、それ以外は国産牛とのことでした。

目の前の鉄板で料理人が焼いてくれるスタイルのステーキ店で、7〜8人座れる大きなテーブルが三席あります。私たちが入店したときは半分くらい埋まっていましたが、すぐに満席に。待たずに入れてラッキーでした。すべてのランチについているサラダをおつまみに、休日お昼のお楽しみ、生ビールの大(写真は大です。税別650円)と中(写っていませんが、450円)をぐびぐび。

海老が二尾と、国産牛ヒレ肉100gのスペシャルヒレランチ(3500円)↓を二人ともお願いしました。大根と椎茸は生のものではなく、あらかじめ煮て味付けしてあり、こんにゃくは下茹でしてあると思いますが、それらをさっと鉄板で焼いて塩胡椒して出してくれます。食べるのに夢中でうっかり写真を撮り忘れましたが、最後に鉄板に残ったお肉の旨みを乗り移らせるようにソテーしたモヤシも供されました。ヒレステーキはとても柔らかく美味しかったです。値段も含めて、ステーキハウスという昔ながらの形態が若者には敷居が高いのか、いつお邪魔しても客の年齢層は高めのお店ですが、歯の弱いお年寄りでもこれなら楽にいただけると思いました。海老は美味しくなかったわけじゃないですが、私は次は海老なしのランチでいいかな。

ビールを一杯ずつ飲み終わったのち、運んでもらった食事セット↓。ツヤツヤのご飯は「お替わりできますので〜」とのことでしたが、このあと温泉に入る予定だったので、二人ともビールもご飯も一杯ずつで締めくくりました。

写真を撮り忘れましたが、食後にはシャーベットと飲み物(ホットorアイスコーヒー、またはオレンジジュースから選べます)がつきます。お肉好きの私たちにはヒレ100gはちょっと物足りなかった感(^^;)この日は物慣れたふうの、一人ステーキのお客さんが私たちの両側に男性二名、女性一名おられ、たまたまみなさんグラム数が多めのオージービーフのサービスランチを注文されていたのを見て、ひとつはグラム数多めのサービスランチにして、海老&ヒレステーキのランチとシェアし合って食べれば良かったんだ・・!と後悔の念が意地汚くも残りました(^^;)次のお楽しみということにして、お会計は税込で8,748円、クレジットカードで支払いました。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*