梅蘭/グリルおくう/KUGENUMA SHIMIZU@辻堂(テラスモール湘南)

7/16(日)ロフトで買いたいものがあってテラスモール湘南へ。ついでにフードコートでランチにしました。私はここではこの「梅蘭焼きそば」オンリーです。香ばしく焼き固めた中華そばのドームの下に、豚肉、モヤシ、ニラなどを炒めてあんかけにしたものが入っており、周囲に溶き卵を回しかけてカリカリに焼いてあるという独創的なお料理。本店は横浜中華街にあり、このお料理が看板の行列店です。油たっぷりなので間違いなくカロリー高し(^^;)ですが、たまに食べたくなります。小サイズにスープと杏仁豆腐のセットで1,110円(税込)。デザートは他のお店のものが食べたく、単品で注文したかったのですが、小サイズはこのセットのみとのことで致し方なし。

しんは「グリルおくう」の赤身ステーキ120g(1280円)。テーブルでソースを回しかけても周囲に飛び散らないように、と紙の囲いがしてありましたが、鉄板が大して熱くなくて全く飛び散らず(^^;)客がそれぞれの席まで持ち運ぶ仕組みなので、危険だからぬるめ?にしてあるのでしょうか。

ベジファースト用に大根サラダ(380円)と、生ビール(350円)も二杯、グリルおくうで注文。フードコートの長所は入るお店でモメないことですが、それぞれのお料理が揃うのを待っていると、先に来ていたお料理は冷めるし、ビールはぬるくなるという欠点も・・・・。そうか、まず席を確保して、最初に大根サラダを食べて、ビールを飲んで、それからそれぞれのメイン料理を買いに行く作戦にしておけば良かったのね、と思ったのは、隣席にいた物慣れたふうの、二〜三歳のお子さんを連れた若いご夫婦が、初めお母さんとお子さんで席取りしているところへ、お父さんが自分のぶんだけお料理を買ってきて、お子さんに時々食べさせながら完食、その後お子さんの面倒は食事を済ませたお父さんが交替して、お母さんが食事を買いに行き・・・・とフードコートを見事に使いこなしているのを見たからです。そうか、ああやればいいのね、と思ったものの、混んでる土日のお昼時だと、目の離せない年頃のお子さん連れならともかく、やっぱり気兼ねかもなあ(^^;)席を探している人が大勢いましたし。

ともあれ、アレコレ食べられるのは嬉しい限りで、デザートを頼まなかったしんが、私が本来食べたかったKUGENUMA SHIMIZUの鵠沼プリン+コーヒー(セットで720円)を買ってきてくれました。でもせっかくなんだけど、私は抹茶プリンのが食べたかったんです。ふつうのミルクプリンも美味しいんですけどね。えー抹茶だって聞いてないしーとしんは言うのに、レシートは「抹茶」となっている不思議(^^;)ナンナンダ

コーヒーもちゃんと美味しかったです。外食のレベルってすごく上がったと思います。かつてはファストフード店やフードコートのような気安く食事できる場所のホットコーヒーは、香りも味もないと相場が決まっていたものですが時代は変わりました。三店の合計でお会計は4,190円、電子マネー(Suica)で支払いました。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*