グリとニル(串焼きビストロ)/黒糖茶房(カフェ)@茅ヶ崎

5/25(木)買い物と用足しで茅ヶ崎駅まで出て、ひとりランチ。何度かランチ営業時間外に来てしまった「グリとニル」さんに初入店が叶いました。茅ヶ崎駅北口、スタバの手前の階段を降りて、「串カツ田中」さんの手前の、ビルとビルの間の空間の奥、のれんをくぐると入口があります。

ランチは「若鶏のパンチェッタと季節の焼き野菜ワンプレート」というお料理と、カレー、グラタン、二種類のパスタがあり、サラダとコーヒーか紅茶が付いて980円。鶏胸肉のハムと葉野菜のサラダ↓。鶏ハムはさすがにプロなしっとり仕上がり、野菜は少なめかな。

ランチのリゾットカレーに、プラス200円でリゾットカツカレー↓にしました。写真ではわかりにくいのですが、ご飯は白ご飯じゃなくて、ほんのりチーズ味のリゾットです。カレーは辛さをほとんど感じない、店員さんいわく「お子さんでも召し上がれます」な味付け。カツは、たぶんチキンだと思いますが、いわゆる成型肉でした。

お財布とスマホだけ手にしたOLさんや、ランチ女子会なのか待ちあわせと思しい若い女性が続々来店し、賑わっていました。私は入口すぐのカウンター席に案内されたのですが、カウンター席からは見えない鍵の手に曲がった先にテーブル席があるようで、中2階席というのかロフト席もあったり、デート向きっぽいお店のつくりですが、ランチメニューは明らかに女性客狙いですもんね。そんななか、ちょっと居心地が悪そうだった(^^;)隣席の男性一人客が食べていたグラタンも美味しそうで、次はあれにしようかな。飲み物は食後にアイスコーヒーをお願いしましたが、ちゃんと香りもあって美味しかったです。お会計は1,274円なり、テーブル会計式でした。少額だったので現金で支払いましたが、カード支払いも可とのことでした。ごちそうさまでした。

用件を全て済ませて、三時のおやつは南口徒歩10分の黒糖茶房さんへ。前回お邪魔したとき、五月メニューがどれも美味しそうで、五月のうちに絶対に再訪しようと心と別腹に誓っていました。お得なドリンクセットにすることにして、飲み物を辛口ジンジャーエールでお願いしましたが、これが本当に辛い!生姜風味じゃなくて、がつーんと生姜の味がします。目が覚めました(^^;)今まで飲んだジンジャーエールで一番美味しいと思いました。

「よもぎ白玉クリームぜんざい」↓ぷるぷるのよもぎ白玉の下に、つぶあんが隠れています。こちらは黒糖で作ったお菓子を味わえるお店ですが、それが黒糖の特徴なのか、上品な優しい甘さです。まずはそのまま味わって、そのうち味変かねて黒蜜をかけようと思っていたのに、どんどん食べすすんで、気付けば黒蜜をかけずに完食。もったいなことをしました(T_T)

ドリンクセットは1,000円、ごちそうさまでした。六月のメニューはどんなのかなー。またお邪魔したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*